本紙タイプ ハイエンドDDCP FINAL PROOF5600

本紙タイプ ハイエンドDDCP FINAL PROOF5600

JapanColor2001、JpanaColor2007、JMPAカラーに完全対応。

色校正は本紙でないと駄目というお客様に好評です。
本紙転写することで色味・質感ともにリアルな仕上がりが得られ、よりシビアなご確認が可能です。 複数回出力してもブレがありませんので色修正前後のシビアなご確認用途として御使用いただけます。
(基本コート・マット・シルバーダイヤ紙の110kg・135kgの用紙になります)

※上記以外の紙のストックもありますのでお気軽にお問合せください。

出力サービス 価格表

出力/サイズ A3以下 A2 B4 B3 B2
FINAL PROOF 7,000円 7,000円 7,000円 7,000円 7,000円

※価格は、全て税別価格です。片面出力のみとなります。
※化粧断裁や折加工等は料金に含まれておりません。化粧断裁 1台500円。折加工 1台500円。

本紙タイプ ハイエンドDDCP FINAL PROOF5600、ご発注はこちら

本紙タイプ ハイエンドDDCP FINAL PROOF5600の特徴

高解像度の盲点出力方式を採用。モアレなどがシビアにチェックできます。

実績ある独自の顔料色材を使用

富士フィルム社独自開発の顔料色材を使用。
CMYKすべての色相が「Japan Color」に適合しており 蛍光灯や白熱灯など光源が変わった時の色の見え方についてまでも印刷物と同様の変化を示し 極めて印刷物に近い色再現を保証します。

高解像度の網点出力方式を採用

最終印刷物と同様の網点を再現します。
フィルムやCTPプレートへの出力前にモアレなどがシビアにチェックできるためフローの後戻りが防げます。

本紙転写で印刷物の質感を追及

外校用途では色や階調再現性の忠実さに加え、それらが用紙の色味や質感からどのような影響を受けるのかということも 配慮していなくてはなりません。顔料色材を印刷用の本紙に転写することで、色味、質感ともにリアルな 仕上がりが得られます。

こうちゃんの正直メモ

弊社にとっても品質管理面でとても重要な位置づけの出力機で大手印刷会社さんでも自社の印刷基準を維持するために使用されるなどDDCPとしては最高峰ともいえる品質を誇ります。

ただ、時間4台という生産性の悪さや出力機本体や使用感材がとても高額なためにどうしてもコスト的には高くなってしまうのが玉にキズ。
メーカーさんにとても無理をお願いしてなんとか可能になったのが今の価格なんです。画像品質にこだわるここ一番というお仕事でチョイスしていただけたらなと思います。

本紙に転写するという特性上、一部使用できない紙がありますから、お問い合わせくださいね。

ヨシプロ・ドットネットフォト